リフォーム費用がオーバーしたら?

リフォーム費用が大幅に増大してしまう理由

新築工事と異なり、既存住宅の状態に合わせて行っていくリフォーム工事においてはどうしてもあとから追加工事が必要になるというリスクがあります。

当初リフォーム代金として考えていた金額が、実際に着工をしてみたらあれこれと追加工事の必要にせまられあっという間に予算オーバーになってしまったということもよくあります。

これからリフォーム工事を依頼しようと思っている人に理解しておいてもらいたいのが、こうしたリフォーム中の追加工事は決して珍しいことではなく、むしろ当然に起るものであるということです。

これは着工をしてみて初めてわかることが多いということが関係しており、壁や床をはがしてみたところ初めてそこに腐食や破損がわかるからです。

ですのでリフォーム工事を依頼するときには、見積もり段階で予算ギリギリで組むのではなくある程度の追加があっても対応できるように余裕を持たせておくということが重要になります。

見積もり段階での予算オーバーであれば施工業者と打ち合わせをしていくことにより全体の予算を下げることも可能です。
どうしても対応が不可能な金額になっているときには、いくらまでしか用意できないということをはっきり伝えておくことで相手にも真剣に値下げ交渉を持ちかけることができます。

大幅な予算オーバーを防ぐ対策とは

当初予定していた金額よりも大幅に予算がオーバーしてしまった時には、当初の見通しがかなり甘かったとして反省をしなくてはいけません。

これからリフォームを依頼するというときにはあらかじめどこをどういうふうにしたいかという希望を業者側に伝え、それをもとに見積もりを作成してもらいます。

このとき全く下調べなしに業者側からの提示を待ってしまっていると、業者側にとって有利な数字がそのまま出されてしまうことになります。

最初にある程度の下調べをしていれば、提示された金額が妥当な範囲であるかや、どこに値下げをする余地があるかということを判断できます。

見積もりで出された金額が大幅に予算オーバーしているということは、最初にリフォームの希望を伝える段階で相場を把握していなかったということが原因です。

ただまだ見積もりの段階という場合には、それから申込みをするマイホームローンで金額を上乗せをするということが可能です。
自費で用意するのが難しい金額も、お得な補助制度やローンを利用することで希望に近いリフォームをすることができます。

リフォーム費用を算出するときには事前に自分たちの住宅で行う場合の相場を確認しておき、そこからいくらまでならお金をかけることができるかを事前に業者に伝えておくということが重要になります。