断熱リフォームの工事について

注目される建材によるエコ対策

あまり目立って報道されることはないのですが、ここ近年住宅関連の技術は急激に進化しています。
これから新築やリフォームで住宅を建築する場合にはそうした最新式の建築技術を導入することができるため、単に新しくて快適な住環境というだけでなく光熱費のかからない環境に優しい住宅にすることが可能です。

今最も注目を受けている住宅建築技術が省エネ・エコ住宅と言われるもので、通常の住宅と比較してエアコンやヒーターなどを使用しなくても室内の気温を保ちやすくなっています。

具体的には工事により壁や床に断熱材を入れることによって外気温からの影響を受けにくくするという方法により冷暖房の使用頻度を落とし二酸化炭素の排出量を減らすことができます。

こうした断熱材を使用した住宅リフォームは次世代省エネルギー基準によって判断されており、積極的に工事を依頼することによりお得な補助金制度を受けられます。

リフォーム代金を補助によって補うことができるだけでなく、その後の生活で光熱費が減少するため家計にも優しく快適な生活を送っていけます。

実際の断熱材リフォームの仕組み

断熱材リフォームを依頼する場合には、壁や窓、床部分に特定の素材を埋め込むという工事が必要です。
そのためリフォームをする部屋全体に対しての大規模な工事を行うことになります。

以前までは断熱材を埋め込むための工事を行うためには、壁や床など該当する部分のもともとの建材をはがし内部に断熱材を入れて再び元に戻すという方法が取られていました。

しかしそうしたはがして中に入れるタイプの工事は非常に手間がかかり、やり方によっては内部の建材を傷めてしまうという危険性がありました。

そこで現在多くの業者が導入しているのが剥がさないタイプの断熱リフォームです。
剥がさない断熱リフォームでは壁にはクロスのみを外してそこに薄い断熱ボードを入れ、新たに壁紙を貼り付けるだけで終了になります。

戸建て住宅の場合には床部分にも断熱リフォームをするのですが、その場合いちいち家具を動かして床に埋め込むようなことをしなくても、床下に作業員が入りそこに断熱ボードを貼り付けるという形で対応が可能です。

断熱リフォームは家全体にすることもできますが、バスルームやキッチンなど寒々しさを感じやすい場所にのみ行うこともできるため、その住宅の日当たりや周囲の気候によりどこまで工事をするかを選択します。

断熱リフォームが特に勧められるのは高齢者がいる住宅で、急激に寒くなる冬場に起きやすいヒートショックを防ぐことに役立ちます。
断熱ボードは見た目には薄い板材なのですが、それを室内の壁や床に入れることでかなり室内環境が大きく改善します。