忘れないで!リフォーム前のご近所への挨拶回り

ご近所トラブルに発展しやすいリフォーム工事

現在住んでいる住宅をリフォームする場合も、新たに中古住宅やマンションを購入してリフォームをする場合も、必ずやっておくべきといえるのが周囲の人への挨拶です。

リフォーム工事を行う場合には必ず既存の住宅設備を壊して新たな設備を取り付けるという大きな作業が伴います。
それらは依頼をする本人たちだけでなく、周辺の人にとっても大きな迷惑になるものです。

リフォーム工事をするために業者が入る時間帯は仕事や学校で家に誰もいないから別に関係ないと思っている人もいるかもしれませんが、周辺に住んでいる人の中には日中もずっと家にいるということもあるかもしれません。

普段は静かに自宅で生活をしている人にとっては、近所で大きな騒音の出るリフォーム工事が行われるとなると非常に迷惑を被ることになってしまいます。

もっともいくら事前に挨拶をしても騒音が出てしまうことは防ぎようもないのですが、事前にどういった工事をいつまで行うかという告知があるかないかでそれらの耐性はかなり変わってきます。

事前に何の告知もなく勝手に工事を始めてしまった結果、新生活をスタートしてすぐにご近所との折り合いが悪くなってしまい居づらい生活を送ることになってしまったなんていうこともよくあります。

どこまで挨拶をしておくべきか

リフォームをすることが決まったら、できるだけ早めにそのことをご近所に伝え一言お詫びを言うようにしましょう。
騒音だけでなくリフォーム工事をするときには大型車が家の周りに長時間駐車をすることになり、粉塵や悪臭が発生することになります。

集合住宅の場合には階段やエレベーターなど移動に使用する共用部分が塞がれてしまったり、通路に大きな建材が置かれて通行に障害ができてしまうことがあります。

事前に挨拶をするときにはタオルやゴミ袋など生活に役に立つちょっとした手土産を持っていくようにし、施工主や工事を行う業者の名称と連絡先を明記した書面を渡します。
可能であれば施工主となる依頼者とともに工事責任者が挨拶に回るようにするのがよいでしょう。

大手の施工業者になると事前に挨拶をするときに配布する書面のテンプレートを用意していたりしますので、そうしたもののの準備についても事前に住宅メーカーの担当者と相談をしてみるとよいでしょう。

挨拶に回る範囲としては、戸建住宅ならば両隣と正面と背面に隣接している住宅、それに斜向いと斜め後ろにある家までが適当です。
住宅の目の前に道路がある場合も、正面向かい側の住宅およびその両隣の家にはきちんと挨拶しておきましょう。
マンションの場合には自室の両隣と真上・真下、さらに斜め上と斜め下までの住宅には挨拶をしておくことが常識です。