リフォームでケチってはいけないポイントとは

リフォームの値引き交渉でやってはいけないこと

今や新築着工数を抜く勢いとなっているリフォーム工事ですが、その見積もりにおいては新築以上に難しい場合もよくあります。
新築工事の場合には全く新しく建築物を構成していくことになるので、全体のバランスを見ながらどこにどういった設備をつけていくかを考えやすいというメリットがあります。

しかし中古住宅やマンションをリフォームする場合には、あらかじめそこにある設備をどのように変更していくかということを考える必要があるため、やりたくてもできないことやどうしても妥協をしなくてはならない部分が出てしまいます。

リフォーム代金をできるだけ安くしようと厳しい値引き交渉をしてしまったがために、せっかく多額のお金をかけて行ったのに仕上がりが貧相になってしまうということもあります。

リフォーム工事の値引きでは新築時とは異なる部分に注意を向けなければいけなません。
せっかくリフォームをするなら満足度の高い仕上がりになるよう、お金をかけるべきところにしっかりかけ、抑えるのは余計な出費にとどめるようにしておきましょう。

リフォーム工事で値引き交渉がし易い項目は「材料費」です。
建材として使用される木材は材質によってかなり金額が異なるので、ワンランク下の素材を選ぶことで金額を大きく減らすことが可能です。

しかりあまりにも低いランクの建材を使用してしまうと、床や壁など目立つ部分の見た目がかなり粗末になってしまいます。
建材を落とすにしてもフローリングが壁など目につきやすい部分ではなく、屋根裏や目立たない天井などにとどめておくようにしましょう。

水場と毎日使う設備は予算一杯でよいものを

もう一つリフォームをするときにできるだけお金をかけるようにしたいのが、水回りの毎日使用する設備です。
キッチンや浴場はリフォームの希望が高い場所ですが、それは古い設備は使い勝手が悪く毎日のメンテナンスが面倒だからです。

キッチンやバスルームは何かと汚れがつきやすく、丁寧に清掃をしているつもりでも時間が経過をすることにより落ちにくい水汚れやカビがついてしまいます。

落ちにくい汚れがついてしまうと毎日の生活の快適感がぐっと低くなってしまいますので、できるだけ毎日の清掃がしやすく落ちにくい汚れがつかない素材のものを選びたいところです。

近年では管理がしやすい大理石やカビがつかないように継ぎ目のない素材をユニットで入れ替えするキッチンやバスシステムが提供されています。

リフォームをするときには見た目や使いやすさだけで選ぶのではなく、毎日使用することを前提にしたメンテナンスのしやすさも頭に入れて設備を選ぶようにしていきたいところです。