読書好きは必見!本をすっきり収納するポイント

読書家にとって収納が悩みの種

読書家にとって読み終えた書籍の収納ほど、悩ましい課題はないかもしれません。
本は量もかさばり、場所も占拠し、さらに重量もあります。
もう2度と読まないだろうと思う本は、ブックオフなどの古書店に売ったり、ネットオークションで売ったりできます。

しかし、もう一度読みたいから手元に置いておこうと思える本も、時が経てばたつほどどんどん増加し、なかなか捨てるきっかけがつかめません。
読書が趣味であれば増える速度もそれだけ速いです。

「とりあえずしまっておくか」と、ダンボール箱に入れて片付けておくと、どこに何の本をしまったかわからなくなり、読みたいと思ったときに見つからず、いわゆる死蔵状態となってしまいます。
大好きな本だからこそ、収納方法を検討してみてはいかがでしょう。

本棚・収納ボックスで保管

最もポピュラーな本の収納と言えば本棚の活用ですが、本の増加にスペースが追い付かないケースは多いものです。
空いたスペースがなくなり、追加で本棚を買い足す際は、出来れば同じ種類・カラーのモノで揃えるようにして、もし見つからなければ高さや奥行きをそろえて、統一感を出しましょう。

これからも本の増加が見込まれる場合は、壁の一面に本棚を並べることも検討してはいかがでしょう。
扉の付いた棚はスッキリと見えますが、扉なしで書店の様にオープンに収納するのも、背表紙が見えて楽しめます。
扉を付けずにオープンとするケースでは、本を分類して並べると再度読むときに探しやすいです。

また、一部に本ではなく雑貨を飾ったり雑誌の表紙を向けて飾ったりするスペースを設けると、アクセントのあるスッキリとしたイメージとなります。
書籍は重量がありますので、地震対策も不可欠で、本棚を壁に固定させるなどの工夫が必要です。
一方、樹脂製の収納ボックス等を利用して、クローゼットや押し入れに片付ける場合は、入れた本を忘れないために、写真やデータのリスト化で管理すると処分の際も整理しやすいでしょう。

本を見せるインテリアにする工夫

本を部屋のインテリアとして魅力的に見せるポイントは本の区分で、最初に部屋の本を2つのタイプに分類します。
1つは部屋に飾ってもインテリアとして見栄えのする本で、もう一方はあまり栄えない本です。
事典や写真集、図鑑等背表紙を凝ってキレイに装丁された見栄えの良い本は部屋のインテリアの1つとして利用します。

重量のある大判のものは本棚の最下段に、比較的軽量なハードカバー等はその上段に並べます。
最も小型の文庫本、新書等は最上の段に並べますが、扉無しの本棚を使うケースではサイズやカラーを揃えるとすっきり見えます。
ただいくらインテリア重視と言っても、頻繁に読む本や使う本は、すぐに手の届く場所に置きたいので、目につきにくい場所に実用性を考えた収納を準備するのがおススメです。