デッドスペースを作らない!キッチン用品収納のコツをご紹介!

雑然と多くの用品が並ぶキッチン回り

家の中を見回して、とりわけ大小多くの物がかさばりやすいのがキッチン周りです。
キッチンには、大きさや形状の異なる食器や調理用品、調味料入れなどがところ狭しと並び、整然と整理していないと必要なときにすぐ見つけられません。
ここでは限られたキッチンスペースを有効に効率的に使うためのポイントを整理してみます。

動線に合わせた収納を意識

料理をするためにキッチンに立ったとき、何処に何を置いているかを思い出さずに、直感的に欲しいものが出せると、料理を滞りなく円滑に進められます。
そのための収納のポイントは、キッチンで調理をする動きに沿う位置に用具・用品を片付けておくことです。
キッチンを流し・調理スペース・コンロの3つに分割して考えたとき、それぞれ場所で行う動作に必要なモノを一つ一つ思い出すことなく、簡単に出せる分類方法で片付けると動く距離が短くて済みベストです。

使用頻度を考慮した収納

次に重要なポイントは使用頻度を考慮した収納で、頻繁に使うモノほど手の届きやすい場所に置いておきます。
これもよく使うモノには定位置を作り、探す時間を短縮することに貢献します。
調理している最中に歩く歩数が多いと感じたり、探し物がすぐに見つからないと思う方はぜひ見直してみましょう。

デッドスペースをなくす

キッチンにはさまざまなモノが並ぶとはいっても、意外にデッドスペース、いわゆる隙間が生じていることが多いものです。
限られたキッチンスペースを有効に活用するには、このデッドスペースをなくして有効活用することが必要です。

キッチンの上にはモノを出さしておかずに、全てを収納してしまうとスッキリと見えますが、頻繁に使う調味料や布巾、俎板などは出しやすい手の届く場所にあった方がスムーズです。
そんな時は、手元に出しておきたいモノに合わせたラックの設置がおススメです。
また、高さのある引出しには、空きビンを置いて立てて入れればだし入れがスムーズです。

百均でも入手できる引き出し収納を利用したアイデア

システムキッチン等には最初から作りつけの引き出しが付いているケースが多いですが、小さなものから大きなモノのまで収納できるからこそ散らかり安く、使いたいモノがすぐに見つけられないことも多いです。

浅めの引き出しに100均でも売っている仕切り板を付けて、整理すると見付けやすいです。
特に、大きさも形状もさまざまで、片付け難く出し難い食卓用のナイフ、フォーク、スプーン類は、仕切りで分けて整理すれば必要に応じスムーズに準備することが出来ます。

また深さのある引き出しでは小さな収納ボックスを置いて収納し、見付けやすい工夫をしましょう。
さらに、レンジ下などの広いスペースではファイルボックスが活躍してくれますので、フライパンや鍋も動線に併せて収納しましょう。