さあ衣替え!夏物をしまう前にチェックすべきこと

暑い夏が終わったら急に冷え込む前に衣替えを終えよう

9月に入ると少しずつ朝晩が涼しくなり過ごしやすくなってきます。
しかし、ちょっと暑くなったり涼しくなったりを繰り返して過ごしやすいと思っているうちに、気持ちの良いシーズンは駆け足で過ぎ去り、あっという間に秋に突入します。

そうなる前に9月に入れば、衣替えの準備を進めましょう。
夏モノと、秋・冬モノを単に入れ替えるのみならず、気に入った服が次のシーズンも活躍できるように、手入れを忘れないようにしましょう。

片付ける前に丁寧な洗濯がポイント

次のシーズンに久しぶりにお気に入りの夏服に再会したら、こんな色ではなかった、黄ばんでいた……という悲しい経験を持つ方は多いはずです。
その理由は暑い夏に、繊維にしみ込んだ汗などの細かい汚れが残ったまま片付けた事です。

長期間タンスに保管する前には、一度洗濯をした洋服であっても、もう一度丁寧な洗濯が必要です。
特に汗や汚れのしみ込みがちな、えり元やわき周り、ソデグチなどは汚れが落ちているように見えても要注意です。
気になる場所には直接洗剤を付け、そのまま付け置き洗いが有効です。
日常はお風呂の残り湯で洗濯する方も、長期間の保管前には新しい水を使って洗いましょう。

クリーニングに出す際も「しっかりコース」を選択

スーツやワンピース等、お気に入りの服はクリーニングに出している方も、夏の衣類はいつもより丁寧に汗抜きやW洗いと呼ばれる汗対策が万全に施されるコースを選択しましょう。
通常のドライクリーニングのみでは落ちない汗の成分もあり、長期間そのまま保存するとその成分が悪い影響を与えるのです。

クリーニングから戻った服は、ビニールカバーを取って、乾燥した日に風の通るスペースで陰干したのち保管します。

密閉性のある衣装ケースで保管

1シーズン近く長期保管するには、箪笥やクローゼットでもよいのですが、防虫剤が最も有効なのは高い密閉性を持つ衣装ケースです。
夏の前には湿度の高い梅雨も迎えますので、防湿性の確保の意味でも衣装ケースは有利です。
この時気を付けたいのは、多くの衣類を1つの衣装ケースに詰め込み過ぎるとシワの原因になるのみならず、防虫剤の有効性も減るため、少し余裕を持たせて並べます。

防虫剤を入れる際の置く場所ですが、成分は空気よりも比重が重く、片付けた衣類の上に置くとケースじゅうまんべんなく効果がいきわたるそうです。
またどうしてもかびが生えるのが気になる方は、除湿剤を入れますが、成分により防虫剤との組み合わせが不適合なケースがありますので、必ず双方の使い方や注意書きを十分確認しましょう。

また、衣替えを行うタイミングは乾燥した、秋晴れの続く正午前後場ベストです。
一度で終わらせなくても何回かに種類ごとに分割して片づけ、負担を減らす事が出来ます。