捨てるかどうか迷ったら・・・家の中が物で溢れないコツ

整理の基本は「分ける」「片付ける」+「捨てる」

収納の基本は、「分ける」「片付ける」を如何に効率よく出来るかにかかっています。
ただその前に重要なステップがあり、不要なものを「捨てる」事です。
最初に不要なものを捨てるとモノの総量を減らすことが出来て、分けるものも片付けるものも量が少なくなってくれるので、そのあとの収納の結果も大きく影響を受けます。
さらに片付けだけでなく掃除や洗濯などがスムーズに行え、すっきりした部屋で気に入ったモノに囲まれて寛いだ暮らしができるのです。

その理屈はわかっていても「それでも捨てられない!」「もしかするといつか活用の場があるかも!」という方のために不要なものを捨てるコツをご紹介します。
そもそもモノを捨てるにはある程度の心のゆとりが必要で、家事や仕事に日々追われていると「考えるのも面倒」という心理状態になり、こんなときに捨てる判断は付けにくいのは当然です。
ただ、捨てるのが苦手な人ほどコツを掴めば、変化を実感しやすいため、部屋が片付いた快感を得やすく、習慣になりやすいのです。

一つ一つのモノを手に取って判断

合理的にモノを捨てるには一種のスキルや方法論が必要で、明確な基準を設定して、その基準に照らして必要性を判断し、いらないと判定されたモノは躊躇なくすぐに処分することがポイントです。
衣類の整理のケースでは、クローゼットにある全ての服を出して、服の山から1枚ずつを手に取って、今の身体のサイズに合うか、傷みはないか、流行おくれではないか等の基準で「いらない」と判定したモノは躊躇なく処分します。

反対に、よく使う、必要だと瞬時に判定されたモノは、クローゼットの奥に仕舞い込まず、ハンガーに吊るすなど、手に取りやすい場所に置きます。
しっかりとメリハリをつけて、対応することが大事です。

決断できないときは猶予期間を作る

しかし、言うのは簡単ですが、不要か否かどうしても迷う服も出てくるはずです。
良く流行になる断捨離のハウツーものの「整理術」の本では「迷ったら捨てる」と書いたものも多くありますが、簡単に割り切れないのが人情です。
そういう時は、迷ったものをひとまとめにして、箱に詰めて入れた日を記入して邪魔にならないところでしばらく保管してみてはいかがでしょう。
半年後あるいは1年後に箱を開けてもう一度整理をしてみると、踏ん切りの付くものが多く出てくるはずです。

もしその箱から自分で決めた期限までに一度も出さない場合は不要と割り切り処分し、期限までに箱から出して使用すれば復活させます。
処分するものに対し「使えるのにもったいない」と思った場合は、捨てずにリサイクルに出したり必要とする知人に利用してもらったりしましょう。